病院による診療代

病院の医療費の計算方法

トップ / 病院の医療費の計算方法

病院にかかった時の初診料

病院にかかるさい、初めて訪れるところであれば、初診料がかかります。同じところであっても、診療科が違えば、またそこで初めての診察ということになってしまうのです。加入をしている健康保険の種類によっても、料金は異なってくるので、どれくらいということが出来ないのです。病院の規模によっても初診料が異なってくるので、どの医療機関を受診すればよいのかということを、しっかり考えなければいけません。クリニックを受診し、紹介状があれば免除されることもあるので、最初から大きな医療機関に行けばよいというわけではありません。

初診料について案内します

初診料は、医療機関をはじめて受診したときに算定される点数になります。総合病院と診療所では算定する点数が違います。乳幼児などは加算料がかかってくるので一般より高い点数になります。すべての点数は1点10円の計算になり患者は3割や1割を負担することになります。医療費の計算方法は、再診料や検査の点数・薬価などはすべて点数で算定するシステムになります。2年に1回点数の改定があり点数は変わるシステムになっています。風邪などで病院を受診して初診料を算定されても、1ヶ月後などに風邪が治癒しいる場合などは、再診ではなく初診で算定することになります。

病院の紹介状に関する情報

© Copyright 病院の紹介状をもらう. All rights reserved.