病院で通話しない

病院で携帯使用は禁止

トップ / 病院で携帯使用は禁止

病院で禁止をされている携帯

病院では基本的に携帯電話の使用が禁止されています。電波が医療機器を乱してしまう可能性があるのです。最近ではあまり影響を受けないように設計はされているのですが、それでも多少なりとも影響を受けてしまうことがあるのです。一般的には病院に入る前に電源を落とすことがマナーとなっています。電波以外にも様々な人がいる中で音が鳴ってしまうと、迷惑をかけてしまうことに繋がるということがあります。医療従事者は専用のものを使っているので、特に注意をすることもありません。来院をした人が全て電源を切るようにすれば、医療機器も安心して使うことが出来るのです。

医療機関での携帯電話の使用

ペースメーカーなどの医療機器に影響を及ぼすからという理由で、病院では携帯電話の使用を禁止していますが、現在では利用可能なエリアを設けている医療機関が多いです。また特別な医療機器を使用していない外科病棟などでは、病室でも使用する方が多いです。スタッフも日常の業務が忙しいからか、電話の使用について注意する事もないため、基本的に容認という形になっており、ちょっと意外に感じました。医療スタッフが連絡用に使っている携帯電話は特殊なものですが、本当に電波を発しないのかという点は気になります。病院の業務上欠かせないものなので、何度もチェックを重ねて作られているはずですが、「看護師が電話を使っていいのか」というクレームをつける方もいそうな気がします。

病院の紹介状に関する情報

© Copyright 病院の紹介状をもらう. All rights reserved.